はぐれ祝詞

はぐれ者による超個人的なBlog

暗闇でもがき苦しんでいる3年前の僕へ心の手紙

ヤッホー!ゆきひろ。

相変わらず、ビジネス頑張ってるかい?

 

多分、3年前の僕は必死に頑張っても

ぜんっぜん稼げなくて、貯金もなくて、

しかも借金まみれで、友達もいなくて…。

 

本当に、苦しんでいるところだろうね。

 

「これ、果たして本当に稼げるのか?」

「自分が成功するなんて、無理なんじゃないのか?」

「もう、疲れたよ…」

 

そう思っている頃だろうね。

 

うんうん、分かるよ。

 

俺もそうだったからね。

 

というか、その君が僕なのか。笑

 

まぁいいや。

 

君は、自分と同じくらいの時期にネットビジネスを始めた人、

自分よりも後から始めた人たちがガツガツ稼ぎ出して、

かなり焦っているだろうね。

 

そういう人たちの事例とかを見れば見るほど、

色んなノウハウとか手法に飛びついちゃうよね。

 

分かる分かる。


心が揺れるんだよね。

 

「こっちの方が、早く稼げるのでは?」

 

そんなこと思っては手を出して、

結局、やりたくなくなって続かなくなって。

 

そんなことばっかり、しているだろうね。

 

でもさ、安心して欲しいんだ。

 

今、これを書いている君は、

時間とお金、場所の全てから自由になって、

毎日が充実して刺激的な日々になっているから。

 

コンサルもして、講座もやって、

セミナーもして、コピーも書いて、

旅行して、温泉に篭って。

 

ちょっと前の「君」には、

想像すら出来ないだろうね。

 

でも、それが現実なんだよ。

 

だから、たとえ今、目の前が真っ暗に見えても、

安心して欲しい。

 

決して諦めないで欲しい。

 

こんな素敵な未来が待っているから。

 

今、伊豆の温泉に4日間こもって、

誘惑や情報を「ガチャンッ」とシャットアウトして、

ひたすら仕事や瞑想、読書をしているんだけど、

かなり幸せだよ。

f:id:nishino111:20180507203508j:plain

伊豆の海が一望できる部屋で1人合宿中だよ。

 

だから、今の君が苦しい思いをしていても、

大丈夫なんだよってこと。

 

諦めずに、ただ当たり前のことを続けたら、

必ず結果は出るし、望んだことは次々と実現していく。

 

その力、パワーが着く。

 

でも、もっと早く「人生が変わる心構え」

知っておいたら、、

 

って思うんだよね。

 

もっと早く知ることが出来たら、

君も救われると思うんだ。

 

苦しくて悔しくて涙を流して、

「ググッ」と歯を食いしばって

頑張っている君も救われると思うんだ。

 

だから、3年前の僕であるキミに、

この手紙を書いている。

 

だから、絶対に真剣に、読んで欲しい。

 

もしかしたら、その時のキミは、

今の僕が言っていることの重要性や、

大切さに気付けないかもしれない。

 

だからこそ、

大事に大事にお話するよ。

 

まず僕が伝えておきたいのは、

 

「自分は100%上手くいく」

 

ってことを信じて欲しい。

 

信じ切って欲しい。

 

これは講座でもみんなに口酸っぱく伝えてるんだけど、

本気でこの言葉を重く受け止めてくれる人は少ない。

 

そんなの、自分が決めるんだよ。

 

上手くいくかどうかなんて。

 

仮に今、苦しい時期だからと言って、

そんなのは関係ない。

 

この宇宙の万物は「波」なんだから、

浮き沈みがあって当然でしょ?

 

だって、キミも今、苦しくたって、

過去には絶好調の時だってあったじゃんか。

 

だから、

 

「この苦しみがずーっと続くのでは?」

 

なんて心配は、忘れ去っていい

 

キミの考え方次第で、

いくらでも人生は好転するから。

 

あ、これも知っておいて欲しいんだけど、

自分の人生ってのは、思い込み1つで、

 

「どんどん上手くいっている」

 

と思い込めば思い込むほど、

人生って上手くいくようになるから。

 

例えばアファメーションとかで、

 

「私は成功している」

「私は成功者だ」

 

とかいくら言い聞かしたところで、

そこに「実感」が伴わなかったら、な〜んの意味もない。

 

でもそうじゃなくて、

 

「どんどん上手くいっている」

「少しずつ成功に近づいている」

「この出来事も成功するために起こっている」

 

という言葉、考え方なら、

そこに

 

「実感」「リアリティー」「臨場感」

 

を持つことができる。

 

それを知っておいて欲しい。

 

そして、実際に僕らは、色んな経験を積んで、

魂が成長する方向に進んでいるのだから。

 

ただ、それに気付けるかどうか。

 

今まで、色〜んな経験をしてきたよね。

 

でもそれらは全て、

自分の魂が成長するために経験していること。

 

だから、「キミ」がその経験をする必要があった。

 

そして、それらの経験をしてきた君だからこそ、

何かしらの与えられた「お役目」というものがある。

 

そう、僕らには全員に、

その人だけにお役目が与えられているんだよ。

 

つまり、

 

「なぜ、君の魂がこの地球に生まれてきたのか?」

 

ということ。

 

もっと言うと、なぜ、こんなに恵まれた日本なのか?

 

なぜ、それに興味を持ったのか?

 

なぜ、その親の元で生まれたのか?

 

そこには必ず根源的な「理由」があるんだよ。

 

だから、今キミが苦しい経験をしているなら、

それは「その経験をする理由があった」ということ。

 

キミだけに与えられたお役目としてのね。

 

そう、この世の全てには「理由」があるんだよ。

 

つまり、全ての物事は

決して「偶然」なんかではないってこと。

 

「結果」があるということは、

その大元となる「原因」がある。

 

これが、陰と陽の関係ね。

 

この世の全てのものには、

陰と陽、表と裏がある。

 

1枚のコインには、必ず表と裏があるでしょ?

 

原因と結果というのは、

隠と陽(表と裏)の関係に当たる。

 

だから、全ての「偶然」には、

「必然」の理由があるってことね。

 

これ、大事だからもう1回、言っておくね。

 

「全ての“偶然”には、“必然”の理由がある」

 

ってこと。

 

これが、全ての陽の中には陰が含まれているってことね。

 

ってしつこいか。

 

まぁいいや。

 

結局のところ、

全ては「捉え方」になるんだよね。

 

これが、自分の「外側」の宇宙と、

「内側」の宇宙の関係ね。

 

これも隠と陽。

 

つまり、鏡ってこと。

 

この世は鏡なのさ。

 

人は、自分が見たいようにしか見ない。

 

だから、目の前に同じ風景があっても、

それは人によって見えている世界が違うってこと。

 

そして、外側の宇宙というのは、

常に内側の宇宙が生み出している、

つまり「映し出している」ってこと。

 

鏡に映る自分は、

他でもない、自分が映し出しているってこと。

 

だから、どんなことがあっても、

それは自分の魂が成長するためのことであり、

 

「人生は成功に向かっている」

 

って思い込めば、外側の宇宙は

本当にそうやって映し出されるということ。

 

これは、直接的なビジネスノウハウではないけど、

3年前の僕である君にこそ、しかと伝えておくよ。

 

思い込むだけでいい。

 

そして、もっと大事なことがある。

 

これは、3年前の僕には知りもしなかった話。

 

何かっていうと、

 

「エネルギー」

 

という概念ね。

 

この宇宙をエネルギーって捉えたら、

目に見える何もかもが変わるよ。

 

この「エネルギー」というのは、

3次元の物質界より高次元の概念だから、

物事をそう捉えるようになるだけで、

物質しか見えていない人より高次元で生きることになる。

 

これを、『三次元的四次元に生きる』というんだ。

 

ますます怪しくなってきたよね。笑

でも大丈夫。

 

これを書いているのは、紛れもなく3年後の僕から、

3年前の僕にこそ書いているものだから。

 

だから、もしかしたらその頃の僕は、

 

「なにコイツ怪しいこと言ってんだよ」

 

とか思ってしまいそうだけど、

君ならきっと理解できるし、受け入れられるはず。

 

あるいは、何か魂に「ピンッ」と来るものがあるはず。

 

この「三次元的四次元に生きる」っていうのは

どういう意味かっていうと、

 

この物質界である三次元に生きながらも、

三次元を超越した「四次元」に生きるってこと。

 

そして、この物質界というのは、

見えない世界が「見える」ようになっているに過ぎない。

 

つまり、「見える世界」と「見えない世界」というのは

隠と陽の関係になるんだよね。

 

要するに、「見える世界」の裏側には

「見えない世界」があるっていうこと。

 

だって、この世はどちらか一方だけでは

存在できないからね。

 

男だけじゃ存続できないでしょ。

 

ちゃんと男と女が必要でしょ?

 

太陽と月も同じで、

どっちかが無くなったら僕らは存在できないでしょ?

 

それと一緒。

 

「見える」と「見えない」は2つで1つ。

コインの表と裏ね。

 

そして、「三次元的四次元」というのは、

目に見える世界に生きながら「見えない世界」に生きる、ということ。

 

いや、むしろ、

 

「見えない世界」と「見える世界」の両方に生きる

 

かな。

 

つまり、コインの表と裏、

その両方をバランス良く生きる、ということ。

 

これは「精神」と「物質」と言い換えても良いかな。

(厳密には違うけど、分かりやすくね。)

 

まぁ話が脱線しそうだから戻るけど、

この三次元的な物質界に生きながらも、

「エネルギー」という見えない精神界にも生きる。

 

これが「三次元的四次元」の生き方ね。

 

それを今、僕はしているんだけど、

3年前の僕であるキミにもいち早く知っておいて欲しい。

 

この「エネルギーフィルター」を通して、

この宇宙、世の中を見るようにして欲しい。

 

つまり、お金も時間も人脈も、

全てがエネルギーになるってことね。

 

いやもっと言うと、

風や雨、食物も全てが「エネルギー」ね。

 

もちろん、音もエネルギーだし、

誰かが言う「悪口」もエネルギーね。

 

まぁ、悪口のエネルギーは言うまでもなく、

“ダークサイド”な方面のエネルギーだけどね。

 

それはともかくとして、

全ての物事を「エネルギー」だと捉えると、

この三次元的物質界の『本質』が見えてくる。

 

要するに、「THE・シンプル」に言うと、

 

『良いエネルギーを発していたら、良いエネルギーが返ってくる』

 

ということ。

 

逆に、悪いエネルギーを発していたら、

悪いエネルギーが返ってくるということ。

 

常に「怒り」を周りに発していたら、

その「怒り」はまた自分に返ってくるから、

その“負の連鎖”から抜け出せない。

 

なんのストレスもない、

心穏やかな毎日を手に入れたいのなら、

自分が発するエネルギーを穏やかなものにするといい。

 

これは怒りだけでなく、

不安や恐怖という感情も一緒ね。

 

そういう心理状況の人は、

 

「エネルギー状態がネガティブ」

 

ってことだから、ますます

ネガティブな人生になっていく。

 

でも逆に、常に、一瞬の隙もなく、

穏やかで幸せな気持ちでいられたら、

どんどんそういう宇宙・現実・人生になっていく。

 

内側の宇宙「心」と外側の宇宙「現実」は、

常に鏡の関係だからね。

 

だから例えば、

 

「子供と遊んでいる時だけが幸せ」

 

とか、

 

「好きな人と手をつないでいる時だけが幸せ」

 

とか思ってしまう人っていると思うんだけど、

それはつまり「それ以外の時は幸せではない」ということだから、

どんどんネガティブなことが身に降りかかるようになる。

 

だって、ネガティブな状態の時の方が、

圧倒的に多いってことだからね。

 

だから、今の君である僕はそういう話を聞くと、

 

「それは違うんじゃない?」

 

と思うんだよね。

 

とは言っても、3年前の僕だって、

ずーっと、

 

「“今は”幸せじゃない!」

「今はこんなに苦しくて不幸だ!」

 

って思っていたからね。

 

誰かと遊んでいる時が幸せとか、

彼女とセックスしている時が幸せとか、

そういう感覚で生きていたよね。

 

でも、そうじゃなくて、

 

「常に幸せだ」

 

と思うようにして欲しいんだ。

 

風が吹いている、あぁ幸せだ。

太陽が差し込んでいる、あぁ幸せだ。

月が綺麗だ、あぁ幸せだ。

 

これ以上書くと、赤ワインとか持ってきて、

「ウ〜ン」とかやり出しそうだけど、

ほんと、そう思えるようになって欲しいんだよね。

 

今時の起業女子たちってのは、

高級レストランや海外に言っては、

 

「あぁ〜幸せ!!」

 

とか、その時だけしか思えない人もいるけど、

いやいや、そうじゃない。

 

家のお風呂に入った時ですら、

それは幸せなんだよ。

 

当たり前なんかではないんだ。

 

今までの僕らのご先祖さんたちが、

一生懸命、働いてきてくれたから、

いま僕たちは恵まれた生活ができている。

 

お風呂だって、いつだって

暖かいお湯に浸かることができる。

 

なんて幸せなんだ。

 

昔の人たちにとっては、

贅沢極まりないぞよ。どんなことも。

 

それを感謝しないで、どうする!

 

もっと、日々の些細なことに感謝をしよう。

 

その心が、映し出す宇宙を

ポジティブなものにしていくから。

 

そういう「感謝」や「幸せ」を

感じられないとしたら、1回でもいいから、

山の中の古民家とかに2〜3日泊まってみて欲しい。

 

多分、3年前の僕は、

まだ1度も経験していないよね。

 

でも、出来るだけ早く、

そういう経験をしておいて。

 

そして、出来るなら

寒〜い真冬とかにするといいよ。

 

そうしたら、いかに普段の生活が

恵まれたものなのか、最高に幸せなのかが分かるから。

 

そうやって、何事にも感謝をしていけるようになると、

もっと早く、人生が好転するようになるよ。

 

感謝をするようになったら、

自然と「感謝される」ようになるから。

 

そして、人から感謝される分だけ、

それが収入となる。

 

「ありがとうございます」と言って

お金を払ってくれるのがビジネスだからね。

 

もちろん、出会いや経験にも変わる。

 

つまり、この「感謝」というのは、

世界最高のエネルギーと言っても過言ではない。

 

だから、まだ苦しくて、

人生が上手くいっていない頃の僕に言いたい。

 

「感謝をしなさい」と。

 

綺麗ごとに思われるかもしれんけど、

この言葉には、僕のこれまでの

たっくさんの苦楽の経験が詰まっている。

 

当然、君がこれからする経験を、

僕はすでにしているということだからね。

 

僕って比較的に、普通の人よりも

刺激的な経験が多い方の人間だから、

物事を達観しやすいんだろうね。

 

いや正確には、いろんな経験をすればするほど、

より人生や言葉に深みが増していくってこと。

 

って話をしていると、

 

「俺の言葉は深いぜ!」

 

とか聞こえてしまいそうだね。

 

まぁそうではなくって、

 

「感謝をしなさい」

 

というのは、ただの綺麗ごとなのではなくて、

暴力や騙しの裏の世界などの「汚いこと」も経験した

全てが含まれた言葉だよってこと。

 

だから、綺麗ごとでも何でもない。

 

そもそも、君もガッツリ刺青が入っているから

分かると思うんだけど、

 

やっぱり目立つくらい入っていると、

それだけで経験が重くなっていくよね。

 

それだけ、普通の人よりも

特別な経験をしていくことになるってことね。

 

そして、そういうことを踏まえた上で、

 

「感謝をしなさい」

 

としつこいくらいに伝えるよ。

 

多分、そのころの君は、

完全に「世の中を恨んでいる」だろうから。

 

そうでしょ。

 

だって、自分がお金もなくて、

遊びにすら行けないという時に、

SNSで楽しそうな画像とか見ると、

 

「なんだよアイツら、ヘンッ、

何も考えていない愚か者たちめ!」

 

とか訳の分からない妬みや恨みを

持っているでしょう。

 

そして、自分よりも

人生が上手くいっているように見える人が、

 

例えば売れないバンドマンや音楽家とかは、

売れてお金持ちになっているアイドルとかが

何か問題をしでかすと、

 

「ば〜かば〜か、ザマァ見ろ!」

 

ばりに、徹底的に叩こうとする。

 

そういうのって、無駄でしかないんだよ。

 

そんなもの、何も生みはしないんだよ。

 

誰かが傷つくだけ。

 

でもそうじゃくて、

普段から、物事に感謝できるようになると、

自然とそういう妬みや僻みが薄れていく。

 

すると、心の状態が穏やかになって、

目の前の現実や日常が心穏やかなものになってくる。

 

そして、幸福感が増せば増すほど、

ビジネスも人間関係も上手くいくようになる。

 

幸福感が、幸福感を呼ぶんだよ。

 

これ、究極の成功法則ね。

 

これは、君がさらに色んな経験をして、

見つけ出した・体得した法則だから、覚えておいて。

 

そして、感謝というエネルギーを先に自分から発すれば、

この宇宙は鏡なんだから、そのエネルギーは跳ね返ってくるってこと。

 

そう、この世は「オファーとエコー」で出来ているから。

 

つまり、自分が出したものが

返ってくるようになっているということね。

 

例えば、目の前の壁にボールを「バンッ」と強く投げたら、

その勢いで自分に跳ね返ってくるよね。

 

逆に、優しく「ポンッ」と投げたら、

ゆるく跳ね返ってきて取りやすいよね。

 

それと一緒。

 

だから、いつも怒りや不安という感情エネルギーを

宇宙に出している人は、それが跳ね返ってくるから、

ますます、その負の無限ループに嵌っていくということ。

 

多分、3年前の僕がそんな感じだったよね。

 

一難去ったらまた一難。

 

その繰り返しだったなぁ、本当に。

 

だけど、感謝の気持ちを覚えて、

常に周りの人に自分からポジティブなエネルギーを

与えるようになったら、全てが変わったよ。

 

当然、

 

「お金を奪い取ってやろう!」

 

と思いながらビジネスしている人は、

自分も同じように奪われる。

 

これ、かつて裏稼業をしていた時の僕らだよね。

 

その世界は、平気で裏切りや責任のなすり付けをされる

汚ったない世界だったよね。

 

逆に、

 

「良くなって欲しい」

 

と思いながらビジネスをすれば、

周りの人からも応援されるようになる。

 

困った時には、色んな人が

手を差し伸べてくれるようになる。

 

でもだからこそ、普段から、

自分が周りの人に手を差し伸べていくといいよ。

 

「今はそんな余裕なんてない!」

 

ってその頃の君は思うかもしれないけど、

ほんの些細なことからでもいい。

 

電車で困っている人がいたら、

その人に優しさを与えるだけでもいい。

 

両手が塞がっている人が、

何かを落としてしまった時には、

すぐさま代わりに取ってあげるのでもいい。

 

暗い顔をしている人には笑顔を与えればいい。

 

そういうのを普段から意識的に、

より多く気付いて与えられるようになったら、

君はもっと早く上手くいくよ。

 

ぜひ、騙されたと思って、少しずつやっていって。

 

嘘は言わないから。

 

だって、今これを書いている僕は、

3年後の君なのだから。

 

自分で自分を騙してやろう!とか思わないよ。

 

君だってそうだろ?

 

だから、今回の手紙は、大切なフォルダに保存して、

いつでも見返せるようにしておいてね。

 

それくらい、3年前の僕である君にとって、

かけがえのないものだと断言するよ。

 

「さくら〜ふぶ〜きの〜・・・」

 

…ということで、

そろそろエンディングが流れてきたので、

今日は終わりにするね。

 

気が向いたら、また君に手紙を書くよ。

 

「この人、自分に手紙なんて、キッショ〜イ」

 

とか言われそうだけど、

そんな言葉は無視をする。

 

それじゃあ、

 

「未来の俺は上のステージに抜け出している」

 

と100%と安心してね。

 

バイバ〜イ!

 

2018.5月5日 鯉が龍になる日

西野ゆきひろ